毎年10月1日は印章の日

  • RSS

印鑑は紀元前5000年頃に、古代メソポタミアで認証の道具として使われるようになったのが始まりといわれています。 紀元前3000年頃からは、認証の目的だけでなく、封印、所有権の証明、権力の象徴など、さまざまな意味をもって用いられるようになります。
日本に現存する最古のはんこは、西暦57年頃倭奴国王が後漢の光武帝から授かったといわれる漢委奴国王の金印です。 1784年に九州で発見され、教科書にも載っている有名なものですが、これは中国から贈られたものですから日本のはんこではありませんね。

【PR】
印鑑の激安専門店@はんこ【お急ぎですか?】最高級のはんこが超特価!

日本のはんこに限定して考えれば、現存する最古のものは大連の印(大連之印)と呼ばれるものです。 大連とは役職の名称で、おおむらじと読みます。
その当時の日本では、はんこは現在のように個人の姓や名を彫ったものではなく、役職名を記したものでした。 そのようなはんこを官印といい、大化の改新後の律令制度下では公文書に官印を押すことを義務づけていました。 その後官印が廃れ、個人が自分専用の印章を持つようになったり、公文書ではない私的な書類にも押印する習慣が広がりました。
江戸時代にはすでにこのような世の中になっていましたが、明治時代になると署名のほかに実印を捺印することが正式に制度として定められ、印鑑登録制度も生まれました。 その太政官布告が公布されたのが明治6年10月1日であったため、10月1日は印章の日とされています。
はんこが市民権を得た記念日として、その日には各地のはんこ屋さんでイベントが行われています。

印鑑の種類

長い歴史を経て、広く使用される様になった印鑑ですが、一般的に個人が使用する印鑑には、公的な証明などに使用する実印(じついん)、金融機関での口座の取引などに使用する銀行印(ぎんこういん)、確認や署名などのサインとして使用する認印(みとめいん)、書類などの誤字や脱字、内容の訂正の為に誰が訂正をしたのが責任の所在を明らかにする為に使用する訂正印(ていせいいん)の4つがあります。
これとは別に企業が使用する印鑑は、代表者印とも呼ばれる本店所在地などを法務局へ届ける際に使用する会社の実印、会社の金銭管理はもちろんのこと手形や小切手などを降り出す際にも使用する会社の銀行印、代表取締役や支店長印など役職が入った、社内文書などに使用する役職印、会社名や組合、商店などの団体名を表し、会社の認印の役割を持つ角印となります。
また個人が趣味で使用する印鑑として、絵画や書、手紙など幅広い用途で自分が作ったものとして証明するしるしとして使用する落款印、書物の所蔵を明らかにする為に使用する蔵書印があります。

印鑑の書体

印鑑の書体を特に気にしない人も多いでしょう。
ですが印鑑は持ち主本人を表すものでもあり、印鑑によって人となりが見られている場合もあるので書体にこだわって作ってみてはいかがでしょうか。
印鑑によく用いられる書体は篆書体(てんしょたい)、印相体(いんそうたい)、古印体(こいんたい)、隷書体(れいしょたい)、楷書体(かいしょたい)、行書体(ぎょうしょたい)などがあります。

実印や銀行印など登録印の場合は偽造がされにくい印相体を用いることが多く、風水学の観点からはこの印相体は縁起が良いことから銀行印としておすすめです。
また男性と女性で書体を変えることで印象を作ることができ力強い印影が特徴的な印相体は男性におすすめで、丸みのある柔らかいイメージの篆書体は女性におすすめです。
楷書体や行書体は書道の基本となっていることからなじみ深い為、はがきや名刺などの印刷物に押したりするアドレス印やシャチハタなどで使用するとよいでしょう。

印鑑の素材

水牛の角や象牙、木などが主流の印鑑ですが、素材によって耐久性なども違うので用途によって素材を選ぶ必要があります。
実印や銀行印は欠けたりすることでその効力を失ってしまうことにも繋がるので耐久性を重視して選ぶのがよいでしょう。
数ある素材の中でも最近注目を集めているのが金属のチタンです。耐久性、耐熱性、耐食性に優れているので長く使用する実印には最適と言われており、重量感があるので捺印もしやすいものとなっています。
また認印など普段から人目につきやすくデザイン性を求める場合には樹脂などでカラーの豊富なものを選ぶのもよいでしょう。

このページの先頭へ