花押ってどんなもの?

印鑑イメージ

はんこは朱肉につけて紙にスタンプするものですが、書き判というものもあります。
文字通り書く判子の意味です。
はんこを持っていないときに、苗字を書いてからまわりを円で囲んで押印に見立てたりしますよね。
そういった簡易的なものはもちろん公式な場面では使うことができませんが、正当な効力を持つ書き判というのも存在します。
平安時代に生まれ流行した花押というものです。

草書体の署名が原型となって発達したもので、印鑑と同じく文書の内容の正当性を証明するために押すものです。
現在でも署名としての効力が認められていて、たとえば宮公庁での決済などに用いられていますが、政治家や文化人などが品格の高さを示すために持っていることが多いです。
書き判なのに「持っている」というのはどういうことかというと、花押は作らなければいけないのですね。
苗字や名前をただ書けばいいものではなくて、姓名の字画を組み合わせて新しい文字を作り、さらに見栄えよくデザインして花押とするのです。
花押にも書風の流派があり、干支などを考慮して決めたりするようで、花押を作る専門家がいるほど奥の深いものです。
実際に見てみるとわかるのですが、とてもデザイン的でアールヌーヴォーの絵画を思わせるような美しさがあります。

日本ではサインだけでは重要な事務処理ができないことになっていますが、花押は書き文字とはいえ個性が出るため、本人の署名であることを証明できるものとして認められるケースがあるのです。
遺言書の署名などでは有効なようです。

PR 便利サイトのご紹介

印鑑登録の仕方や印鑑証明の取り方、その他お役立ち情報満載!
はんこの情報サイトです。

http://www.easy888.co.jp/

ページの先頭へ